シンク水垢

キッチンやお風呂などに設置してある水道のステンレス部分って、最初はピカピカに光り輝いているけど、しばらく年月が経つと水垢汚れが目立ってきますよね。あの水垢汚れを磨かずにキレイにしようっていう話です。

水垢汚れは磨けばキレイになるけど

水道周りや真紅の内側など、ステンレス部分の汚れは磨けばキレイになりますよね。私が愛用しているのはこれ。

水回りだけでなく、お茶やコーヒー、ワインなどを飲んでいるうちに少しずつ蓄積されたコップやコーヒーカップなどの汚れも一瞬で落ちます。最初使ったときはびっくりしましたね。

ただ、コーヒーカップとかは激落ちくんでも良いんですけど、ステンレス等の金属部分に使うと傷がついてしまうんですよね。それほど気にならない程度の傷ではあるんですが、どうしても傷をつけたくないという場合もあるかもしれません。

研磨せずサビを落とすクリーナー

そこで思ったのが、「シンバル用のクリーナー使えるんじゃない?」ってこと。

うちには旦那が使ってるドラムセットがあって、シンバルの汚れ落としのために専用のクリーナーがあるんです。シンバルって金属だし、手でベタベタ触ることもあって錆びやすい。なので、サビ落としのためのクリーナーがあるんです。

とはいえ、シンバル専用のクリーナーにも研磨するタイプとしないタイプがあります。私が目をつけたのが、研磨しないタイプのシンバルクリーナー。

名前はグルーヴジュースといいます(グレープジュースじゃないですよ!私は間違えて覚えてました)。

グルーヴジュース

で、結論を言ってしまうと、グルーヴジュースは水垢には効果ありませんでした。当たり前といえば当たり前ですよね。グルーヴジュースはシンバルの錆(緑青)を落とすためのものですから。

グルーヴジュースの効果はハンパなくて、本当に吹きかけるだけであっという間にシンバルがキレイになります(そのあとしっかり水分を拭き取ることが大事なのですが)。

なので、シンバルに発生する錆と同じサビに対しては効果あります。どういう錆かというと、緑っぽくなる錆で、緑青(ろくしょう)と呼ばれています。鎌倉の大仏を覆っている緑っぽいのも全部緑青なんですよ!知ってましたか?

鎌倉大仏の緑青

こういうタイプのサビって、研磨しても落ちるは落ちるんですが、見た目的に削れてしまうのは嫌な場合がありますよね。

なので、研磨せずに緑青が落とせるグルーヴジュースは、一般家庭の水回りの汚れにも使えるから便利です。こういう商品ってあまり市販されてないと思うので、気になった方は試してみてくださいね。少々お値段が高いのがキズですが。