マルボティック

まったく新しいタイプの知育玩具「マルボティック」が発売されました。どんな商品なのか分かりやすくご紹介します。

マルボティックの正規販売店はこちら

マルボティックの特徴

マルボティック

マルボティックはiPadなどのタブレット端末機器と併用して遊ぶことができる知育玩具です。マルボティックの特徴を、まずはざっくり箇条書きでご紹介。

【マルボティックの特徴】

  • モンテッソーリ教育法に基づいて開発
  • タブレットと併用して遊ぶ知育玩具(iOS/ANDROID両対応)
  • アルファベットや数字を楽しく学べる
  • 対象年齢は2~8歳
  • 「スマートレターズ」と「スマートナンバーズ」の2タイプの商品がある
  • 上記2タイプをセットにした「スマートキット」あり
  • 木製(一部金属とプラスチック)
  • Wi-Fiや電源等は不要(人間の静電気で動作)
  • アプリは全部で7種類
  • 日本語は無し

モンテッソーリ教育とは?

マルボティックは、「モンテッソーリ教育」という教育法に基づいて開発されています。

モンテッソーリ教育とは、20世紀の初め(1907年ごろから)にイタリアから世界に広まった子どもの教育法です。イタリア人のマリア・モンテッソーリという人が開発したので、「モンテッソーリ教育」という名前になっているんですね。

マリアモンテッソーリ

この教育法は、今では単純に「モンテッソーリ」と呼ばれることも多いです。

古い教育法ですが、今でも子どもの知育に効果があるとされています。

有名どころでは、将棋の藤井聡太さんやグーグルの創設者ラリー・ペイジ、アマゾンの創設者ジェフ・ベゾスなども、子供の頃にモンテッソーリ教育を受けています。モンテッソーリ教育の有用性については、様々な研究結果が発表されていますので、気になる方は調べてみてください。

アルファベット言語を学べる

マルボティック

マルボティックの「スマートレターズ」の方は、A~Zまでの26個の木製ブロックが入っています。アルファベットを利用している以下の国の言語を学ぶことができます。

  • イギリス英語
  • アメリカ英語
  • フランス語
  • スペイン語
  • ドイツ語
  • オランダ語
  • スウェーデン語
  • デンマーク語

英語やその他合わせて8種類の言語の読み書きが学べます。スマートレターズを使うことで、子どもたちは遊び感覚でアルファベットを学び、発音への意識や、大文字・小文字の識字力、語彙力を高めることができます。

 

数字の計算や数え方などを学べる

マルボティック

マルボティックの「スマートナンバーズ」の方には、0~9までの10個の木製ブロックが入っています。足し算・引き算や、数字の数え方など、基本的なことを学ぶことができます。

アルファベットもそうですが、小学校に通い始める前に、数字の基礎的な知識を身につけておくと、学習にとても有利になりますね。他の子よりも知識を持った状態でスタートすることになりますから、学校の授業にも余裕を持ってついていけるはずです。

マルボティックのちょっと気になる点

タブレットがないと遊べない

デメリットというほどではないかもしれませんが、マルボティックのちょっと気になる点があります。それは、タブレットがないと遊べないというところ。

正直言って、マルボティックのためだけにタブレット端末を購入するほどではないと思います。おそらく、タブレットとマルボティック合わせて数万円払った購入するほど、知育としての費用対効果は高くない。すでにタブレットを所有している方は、購入を検討しても良いでしょう。

ただし、子どもがマルボティックで遊んでいる間はタブレットを使えなくなるのは不便かもしれません。

タブレットが壊れない?

もうひとつ心配なのは、マルボティックで遊ぶことでタブレットが壊れないか?という点。

マルボティックの数字やアルファベットは基本的に木製なのですが、背面に「ソフトポッド」というクッションのような素材が取り付けてあるため、タブレットの画面を傷つけることはありません。しかし、表面は木製ですから、画面に強く叩きつけたりすると傷がついたり割れたりする可能性もゼロではないですよね。

元気の良すぎるお子さまは気をつけましょう。

また、子供は玩具を床に置いて遊ぶことも多いかと思いますが、マルボティックは机の上で遊ばせるようにした方が良いでしょう。そうしないと、床に置いたタブレットを足で踏みつけて壊してしまう可能性があります。

実際の遊び方について

マルボティックの遊び方ですが、これは実際に動画を見た方が分かりやすいです。マルボティックのユーチューブ公式チャンネルが参考になりますよ。

このように、マルボティックをスタンプみたいにタブレットに乗せて遊ぶ感じですね。かなりゲーム感覚で遊べる知育玩具だということがお分かりいただけるのではないでしょうか?

早い時期から教養を身につけていくことのメリット

数字については小学校に入学してから本格的に勉強が始まりますが、英語等の海外の言語に早い時期から慣れ親しんでおくことは重要だと思います。

現代はグローバル化が進んだ時代です。今の子どもたちが大人になる頃には、ますます国際的な教養が大切になってくるでしょう。

マルボティックで世界各国の言語に慣れ親しんでおくことは、子どもの将来の仕事や生き方にメリットを及ぼすのは間違いありません。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

>マルボティック公式サイトはこちら