グリーンクレンズジュース

様々な商品が発売されている青汁のジャンルに、新たに「グリーンクレンズジュース」が新商品が加わりました。今回は、こちらの商品をレビューしていきます。

グリーンクレンズジュースってどんな青汁なの?

青汁といってもたくさんの種類がありますから、よほど魅力的な商品じゃないとあえて選びたいとは思いませんよね。グリーンクレンズジュースならではの特徴とはいったい何なのでしょうか?

公式サイトによると・・・

  • 国産桑葉使用
  • スーパーフードを含む50種類以上の酵素を配合
  • ジュースのような美味しい飲みやすさ

これらがグリーンクレンズジュースの特徴となっています。具体的には、脂肪や添加物、消化に負担のかかる食べ物の摂取を避けつつ、美容と健康に必要な成分はしっかり摂取し、カラダの自浄作用を促すことが目的です。

ご存知の方も多いと思いますが、私たちの体は食べ物を消化することに大きなエネルギーを必要とします。消化することにいっぱいいっぱいだと、体の自然治癒や自浄活動が疎かになってしまうんですね。

なので、断食をして食事を摂取しなければカラダへ負担がかかりませんから、その分のエネルギーを自浄作用に向けさせることができます。

しかし、食事を摂取しなければ美容や健康に必要な栄養素が摂取できませんから、元も子もないですよね。

ですから、「必要な栄養をしっかり摂取しつつ、カラダの自浄作用も活発にしてあげましょう」というのが、グリーンクレンズジュースが目的としている効果なのです。

グリーンクレンズジュースの成分

主成分の桑葉は栄養価がすごい

グリーンクレンズジュースの主成分は国産の「桑葉(そうよう)」です。桑葉とは文字通り桑の木の葉です。

青汁の主成分として一般的に使われるのは「大麦若葉」「ケール」「明日葉」などがありますが、これらの原料よりも栄養成分が豊富なのが桑葉なのです。

桑葉とケールの栄養比較

上記のイラストのように、桑葉には圧倒的に豊富な栄養が含まれています。その量は、「栄養豊富だけど苦くて飲みにくい」と言われているケールを遥かに凌ぎます。驚きですよね。

腸がよろこぶ乳酸菌を配合

グリーンクレンズジュースには「有胞子乳酸菌」という種類の乳酸菌が配合されています。本来、乳酸菌は熱、酸、乾燥などに弱いのですが、有胞子乳酸菌は、乳酸菌が死なないように胞子と呼ばれる殻で守っているため、生きたままの状態で胃や腸に届きます。

19種類の穀物粉末

米、押麦、もち玄米、はだか麦、黒米といった19種類の穀物を粉末状にしたものが配合されています。こういった穀物には食物繊維が含まれており、特定保健用食品で「おなかの調子を整える食品」として認められている成分です。

50種類以上の酵素

酵素には、私たちのカラダの働きを助ける作用があります。例えば、食べたものの消化・吸収、体の組織の分解・合成を促進してくれます。

グリーンクレンズジュースには、50種類以上の酵素が含まれています(具体的な種類は公式サイトに記載されています)。

バナナ&マンゴーパウダー

原料によって程度の差はありますが、青汁は本来苦くて飲みにくいものです。グリーンクレンズジュースにはバナナとマンゴーのパウダーで味を調整してありますので、フルーツジュースのように美味しく飲むことができます。

オリゴ糖

乳酸菌と同じく、オリゴ糖も「お腹の調子を整える特定保健用食品」として有名です。特にオリゴ糖は、便秘の予防や改善に効果があるとされており、女性にとっても嬉しい成分ですね。

定期コースの解約について注意しておきたいこと

グリーンクレンズジュースにはお得な価格で購入できる定期コース(毎月継続コース)が用意されています。定期コースの特典は以下の通り。

  1. 初回0円(税込)
  2. 2回目以降も33%オフ
  3. 全国どこでもずっと送料無料
  4. お届け周期の変更OK

こういった特典があるため、単品で購入するよりもかなりお得です。

ただ、定期コースというと解約する際のことが気になりますよね。グリーンクレンズジュースの解約については、以下の2点に注意しましょう。

  • 4回(4ヶ月)継続の縛りあり
  • 解約する際は次回お届け日の14日前までに連絡要

4回継続した時点での合計金額は8,070円です。つまり、定期コースに申し込むと少なくとも8,070円のお支払いが必要となります。4ヶ月で8,070円ですから、1ヶ月あたりに換算すると2,000円ちょっと。継続回数の縛りはありますが、他の青汁と比べると安価だと思います。

また、5回目受け取り分以降から解約することができますが、解約したい場合は、次回の商品お届け日の14日前までに連絡する必要があります。

解約の連絡は、公式サイトの問い合わせフォーム(Contact)から行えます。他の定期コースだと「解約は電話のみ受付」という会社も多いですから、営業時間を気にせず好きなタイミングでWEB上から申請できるのは親切ですね。

グリーンクレンズジュースの販売店

グリーンクレンズジュースは通販専売商品となっており、一般のお店では市販されていません。薬局、ドラッグストア、百貨店などでは販売されていませんのでご注意ください。

こういう女性向けの青汁って、あんまり市販されてないですよね。